楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

新しい防音室付アパートを作る

防音には遮音と吸音で吸音材を入れてみました

天井裏に吸音材を入れる3

  • 天井裏に吸音材を入れる1
    天井裏に吸音材を入れる1

防音には
遮音と吸音が必要です。

遮音とは音を通さないような構造です。

吸音とは通ってきた音をなくしてしまうという方法です。

30dB程度の減衰を期待するなら
吸音することと遮音することは同じくらい効果があります。

でも
もっともっと
減衰を期待するなら
遮音をもっと
力を入れなければなりません。

吸音力を上げても
あまり役に立ちません。

だからといって
しないというわけにはいきません。

天井裏ですが
断熱もかねて
吸音材を入れました

ベースドラムに
お布団や毛布を入れるのと同じです。

お布団や毛布を入れずに
ベースドラムを叩くと
和太鼓を叩いたような
ボーンと
余韻のある音になってしまうそうです。

ベースドラムの倍音を
お布団や毛布で
押さえる
「吸音」してしまうのです。

吸音材を入れれば
少なくとも
天井裏が
共鳴箱にはなりません。

そこで
共鳴箱禁止装置装置として
グラスウールを
ガバッと入れました。

天井板を張ったら
中にどのくらい入っているかどうかは
わかりませんけど
入れております。

古民家風の防音室の防音壁北側一応完成

防音壁完成

暑い夏が
終わりになる頃
9月頃より
作っていました
古民家風の防音室の
主たる構造である
防音壁が
一応完成です。

隣室との
界壁である
防音壁です。

石膏ボードが
2重張り一部3重張りになっています。

相当
防音性能があります。

広い目の防音室の入り口は今度は掃き出し窓にしてみました。

大きめの防音室の入り口

防音室の出入り口は
ドアが
普通ですが
今度は
掃き出し窓にしてみました。

引き違いのガラス戸です。

最近の
アルミの引き違いのガラス戸は
防音性が
高くなっています。

もともと
ガラスは
重くて
質密なため
防音性が
高い物です。

でも
1重では
達成出来ませんので
3重にする予定です。

広い目の防音室の窓

大きめの防音室の防音室の窓

防音室には
窓を取り付けております。

窓は
防音上は
弱点ですが
やはり
閉塞感を
なくすためには
窓がないと
いけません。

厚い防音壁と
同じ防音性能を得るためには
二重
三重の窓が必要です。

写真は
まだ二重ですが
性能を評価して
三重にすべきかどうか
検討中です。

防音室の弱点を見付けてしまいました

ただ今
古民家を
古民家風防音室に
改修中です。

夕方
仕事を終わって
現場にいると
隣の音が
してきました。

隣室とは
分厚い
防音壁で
遮音されているのに
その聞こえ方が
相当です。

音が
聞こえるところを
探しました。

そしたら
見つかったのです。

隣室との間に
お風呂があるのですが
お風呂の壁は
天井までしかなく
屋根までの間が
薄い石膏ボード
1枚だけなのです。

その部分は
広さにして
0.5m2ほどしかないのですが
手が入りません。

お風呂場の天井は
ラスモルタルになっていて
頑丈ですので
屋根を
仮に取り外して
するしかないようです。

計画中です。

古民家風防音室の石膏ボード張り

古民家風防音室の石膏ボード張り 屋根付近2枚目

古民家なのに
防音室を
作っています。

防音には
頑丈な作りが
必要です。

古民家は
頑丈なのです。

故に
古民家は
防音室向きです。

防音室は
壁を
隙間なく
張り込むことが
必要です。

しかし
これが
大変なんです。

古民家風にするためには
梁が
露出する必要があり
露出するとは
防音壁を
貫通することですから
そこら中で
防音壁を貫通する
梁を
うまくかわす必要があります。

上の写真の様に
隙間なく
石膏ボード張りは
大変です。

防音室を新しくしています

防音室を
新たに今作っていますが
互い違い階段を
作らねばならないために
少し中止しております。

早く作って欲しいという
ご依頼もありますので
他の方にやってもらっています、。

うまくできるでしょうか。

それから
古民家風のお部屋の
トイレを
セパレートにするには
どうすればいいか
考えておりました。

答は
物理的な障害が
ありますので
そう簡単には
でないと思います。

古民家風の界壁を防音壁にする工事をしています。

古民家風の防音室 防音壁石膏ボード根太欠き

古いですが
頑丈な古民家を
防音室にする工事をしています。

界壁(お部屋同士を区切る壁のことです)を
防音壁にして
それぞれの音が
隣に聞こえ内用する手法です。

基礎から防音しなければなりません。

基礎から壁そして
屋根部分まで
隙間なく
一体で
作らねばなりません。

写真は
基礎のコンクリートから
壁に至る所の
石膏ボード張りです。

根太(床板を受ける材)が
土台から出ていますので
それを
微妙に欠き取って
一体化します。

大きめの防音室の天井部分の組み立て完了

大きめの防音室の天井部分の組み立て完了

ただ今製作中の
大きめの防音室のスーパーストラクチャー組み立て
ついに
組み上がりました。

重いので
大変かと思いましたが
リフトを使ったので
事故なくできました。

リフトというのは

こんな感じです。

軽い材料でしたら
片方を掛けて
もう片方を
載せたらいいのですが
何分重いので
万が一
載せた方が
滑って落ちてしまうと
止めようがありません。

誠にもって危険です。

それで
リフトを
滑らないように
リフトに固定して
持ってあげるのです。

難所ができました。

内側の天井下地を作って
天井壁と
石膏ボードを
二重に張れば完成ですが
何分大きいので
材料を仕入れて
部屋に持ってくるのも
大変な仕事が
待っています。

古民家風の防音室の防音壁石膏ボード張り

古民家風の防音室 石膏ボード張り

古民家で
防音室という
ギャップを
持っているお部屋を
現在改修中です。

天井裏部分の
三角の部分で
母屋や
火打ちがあって
下地を作るのも大変なところです。

防音のために
石膏ボード張りを
するのですが
形が
長方形でない場合は
張るのが大変です。

その上
出ている
母屋や火打ちを
除けないないといけません。

少しずつ
張っていきます。

たいした面積でもないのに
時間ばかり要します。