楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

ブログ

防音室の扉作り始めました

防音室の扉作り始めました

防音室の扉作り始めました


防音室の扉を作らないといけないのですが
他のものを作る必要があったので
後回しになっていました。

3重ですので
3枚作るのですが
1枚ずつしか作れません。それも半分だけ
接着材が乾くのを待つので
6日必要です。

防音室を最強にするために改造を開始しました

防音性を上げるために改造中です。

防音性を上げるために改造中です。

防音性が高い方が
防音室は良いに決まっています。

今の状態ならギターなら深夜に演奏しても
大丈夫なのですが
もっと、もっと、大きな音量の
例えばチューバ・オーボエ・ホルン・トランペットが
演奏できた方がいいのに決まっています。

そこで改造することにしました。

ご期待ください。

お部屋の床の防音補強

今日は
お部屋の上下の音を
防ぐために
床を防音上補強しました。

以前の床は
杉荒板張りでした。

強度や耐久性は
優れていますが
防音性は劣ります。

そこで
下地の不陸を
克服するために
9mmの針葉樹合板を
張ることにしました。

9mmの針葉樹合板は
少し曲がります。
下地の不陸を
吸収することが
できます。

1枚では
強度や防音性が
劣るので
接着剤を付けて
2枚重ねにしました。

床の防音補強 1枚目2枚目を接着材で貼り付け

床の防音補強 1枚目2枚目を接着材で貼り付け


その後
防音性を上げるために
一番硬い
石膏ボードである
スーパーハードを
張りました。
床の防音補強 3枚を「サウンドカット」で貼り付け

床の防音補強 3枚を「サウンドカット」で貼り付け床の防音補強 3枚を「サウンドカット」で貼り付け


3枚の継ぎ手は
バラバラにしましたので
隙間は
ほとんどありません。

ネジで下地の大引きまでネジ止めして
剛性を高めています。

床の防音補強 3枚をネジ止め固定

床の防音補強 3枚をネジ止め固定


剛性と防音性は表裏一体ですので
高めると良い影響があります。

ロフトが防音室のお部屋リノベーション中 吸音材

防音室は、
防音性を高めるため
重い部材で覆われています。

そのために
音の反射が凄いです。

話すとキンキン音が反射します。

音楽環境のことを考えても
吸音材が必要です。

天井には
32K品グラスウール50mm厚
を張ります。

と言っても
のり付けする事もできませんし
四周を回り縁で固定します。

回り縁固定用の
金具を取り付けます。

ロフトが防音室のお部屋リノベーション中 吸音材取付金具取付

ロフトが防音室のお部屋リノベーション中 吸音材取付金具取付


そこへ
グラスウールを
嵌め込みます。
ロフトが防音室のお部屋リノベーション中 吸音材取り付け完了

ロフトが防音室のお部屋リノベーション中 吸音材取り付け完了

ロフトが防音室のお部屋リノベーション中

ロフトが防音室のお部屋を作っています。
リノベーション中です。

ロフトが防音室のお部屋リノベーション中 壁下地製作中

ロフトが防音室のお部屋リノベーション中 壁下地製作中ロフトが防音室のお部屋リノベーション中 壁下地製作中


ロフトを作っています。

もちろん今は天井裏ですからこんな感じです。
ここをお部屋にする工事です。

トロンボーンは大丈夫です。

昨日
別棟2重壁防音室付1DKマンションC104に見学者が
おいでになりました。

トロンボーン奏者です。

トロンボーン写真トロンボーン写真

トロンボーン写真


はじめは
私のyoutube動画から

を75Wベースアンプギターで再生して
調べました。

実際のサクソフォンより
大きな音で
再生されたように思います。

隣室で
低音のみ
わずかに聞こえました。

高音部分がありませんので
曲にはなっていません。

そこで
トロンボーンを
実際に吹いてもらうことにしました。

楽器ですので
強弱をつけられますので
強い目に
奏でてもらいました。

隣室で聞きましたが
トロンボーンの音は
聞こえませんでした。

夏ですので
隣室の屋外に置いてある
エアコンの室外機の音のほうが
やかましかったです。

お部屋によって
透過する音は
周波数ごとに
異なりますので
C104はトロンボーンには
大丈夫です。

深夜でも
練習することができると思います。

良かった良かった

音楽スタジオの吸音材をどのように押さえるか

音楽スタジオには反響を押さえるために壁には吸音材を張ります。

吸音材は
柔らかい材料ですので
留め付ける方法は

  • スピンドルピンで留める方法
  • 穴あき吸音板で押さえてしまう方法
  • 押さえの材料 
           プラスチック・木材・金属で押せる方法

の三通りです。
2番目は音楽スタジオに良くありますけど
見慣れていて
古い感じがします。

スピンドルピンは
安っぽい感じですので
残りは
押さえる方法にしました。

専用の押さえる
プラスチックもありますが今回は
木材を使うことにしました。

防音室の吸音板押さえ木材

防音室の吸音板押さえ木材

取り付けるための
アルミ金具も
作りました。

防音室の吸音板押さえ木材取付金具

防音室の吸音板押さえ木材取付金具

音楽スタジオがお部屋にあったら

音楽スタジオがあるお部屋

音楽スタジオがあるお部屋


音楽スタジオが
お部屋にあたら
音楽好きにはたまらなくいいですよ。

そんなお部屋を目指して
防音室を
音楽スタジオ風に
改装することにしました。

音楽スタジオ風って
どんなものか
悩むところですが
名案が浮かんだので
改装することにしました。

まず壁に
グラスウールの
吸音板を貼ります。

壁にグラスウールを張る方法は
3通り考えられます。

ひとつはピンで留める方法
ふたつ目は表面に穴あき吸音板を張る方法
みっつ目は木材や金属で押せる方法
です。

穴あき吸音板は
以前のスタジオなら良くあるけど
今時はすこし古い感じがするのではないでしょうか。

ピンで留める方法は
安直すぎるのではないかと
思うのです。

木で留める方法を使うことにしました。

窓まわりの
いろんなものが付いているところは
面積も少ないし
煩雑になるので
吸音板を張らないことにしました。

そこで
音楽スタジオ風にクロスを貼り替えました。

コンクリート柄クロスにしてみました。

いかがでしょうか。

防音室の内部の特許工法の防音室を作り始めました。

女性用ハイツの下に作っております
防音室の外側が
完成したので
内側を作り始めました。

105系列の
特許工法の
防音室を
作る予定です。

外側が
6畳大ありますので
相当広いです。

証明されているわけではありませんが
たぶん
広さの2乗に比例して
防音性能は上がります。

特許工法の防音室の製作 下地の作成

特許工法の防音室の製作 下地の作成

梁型があったので
相当作るのが難しいです。