楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

新しい防音室付アパートを作る

防音ブースの製作 石膏ボード張り完成

防音ブースの製作 外側の石膏ボード張り

防音ブースの製作 外側の石膏ボード張り


石膏ボード張りは重いけど
大丈夫です。

張り終わりました。

2重に張って
その間を
非硬化性接着材を塗布しております。

サウンドカットという商品名で
酢酸ビニル系の接着材ですが
固まっても
ゴムのようになります。

また耐水性で
水にあっても
戻りません。

本当に効果があるのかどうか
実験で確かめるべきだと思いますが
相当の経費と
時間がいるうえ
終わると
ゴミが
山ほどできますので
止めております。

もっと悪いことに
そのゴミが
堅固で
粉砕することさえ
できなくて
非常に
重いのです。

民間人の私には
できかねます。

防音ブースの製作 石膏ボードを張るときには接着材とシーリング

防音ブースの製作 石膏ボードを張るときには接着材とシーリング

防音ブースの製作 石膏ボードを張るときには接着材とシーリング


防音ブースを作っています。

防音ブースは
壁と天井を2重に貼ります。

スーパーストラクチャーA仕様プラスなので
2重張りです。

外の石膏ボードの下地と
中の石膏ボードの下地が
別々になっていて
中の石膏ボードの振動が
外の石膏ボードの下地に伝わらないようになっています。

千鳥柱工法といいます。

写真は
下地に石膏ボードの1枚目を貼って
2枚目を貼っています。

防音ブースの製作 防音材の糊付け張り付け

防音ブースの製作 スーパーストラクチャーの外側に防音材張り付け 糊付け

防音ブースの製作 スーパーストラクチャーの外側に防音材張り付け 糊付け


防音ブースの製作しております。

防音ブースは
重いので
小さく分割して
製作します。

四周から
張り込みできませんので
前もって
ユニットで作って
石膏ボード張って
組み立てます。

単に貼ればいいと言うのではありません。

作った下地に
接着材を塗布して
先ず
21mm厚のタイプzを貼ります。

その後
サウンドカットと呼ばれる
非硬化性接着材を塗布して
石膏ボードの中で
一番硬い
スーパーハードを
貼ります。

硬いですよ

防音ブースの製作 ファンデーションの製作

防音ブースの製作 ファンデーション(防音ブースの床)製作

防音ブースの製作 ファンデーション(防音ブースの床)製作


楽器も可能な
賃貸になる様に
防音室の中に
防音ブースを作っています。

防音ブースは
宙に浮かべると
音が
固体伝搬で
伝わらないのですが
そのようなことは
不可能なので
ゴムの上に載せます。

中空の
床は
中が
太鼓のようになるので
質密な物にしております。

質密とは
中の詰まったもので
小社では
ファンデーションと呼んで
サンドイッチパネルを
使っております。

防音ブースの製作 下地の製作

防音ブースの製作 スーパーストラクチャーの下地

防音ブースの製作 スーパーストラクチャーの下地


防音ブースを作るために
図面ができると
図面の通り
作り始めます。

私は
設備の整った
倉庫で作ります。

大きな台があるので
腰が痛くないので
そこで作っています。

先ず材を
同じ長さに
切ります。

フィニッシュネイルで
仮止めして
組み立て
ネジ止めします。

フィニッシュネイルは
とても便利です。

いきなり材を
ネジで留め付けようとしても
木目に沿って
ネジが
入っていくので
少しずれてしまいます。

そこで
フィニッシュネイル仮止めします。

フィニッシュネイルは
固定力は
ありませんので
必ず
ネジ止めしなければなりません。

防音ブースの製作 まずは図面

防音ブースの製作 図面を描く

防音ブースの製作 図面を描く


防音室でも
防音ブースでも
無鉄砲に
作り始めれば良いというものでもありません。

はじめの頃は
何も考えずに
作り始めましたが
今は
図面を描いて作り始めています。

フリーソフトの
CADソフトの
jwcadを使っています。

考えて
作った人は
賢いですよね。

尊敬します。

CADで書けば
寸法が
わかりますので
必要な材料を仕入れる予定です。

作り込んでいますので
少し図面が
汚れています。

防音ブースの製作

防音ブースの製作 ここに防音ブースを設置します。

防音ブースの製作 ここに防音ブースを設置します。


お部屋の防音性が
相当よくても
音は
もっともっと大きな音もでますので
防音ブースを作ることにしました。

市販の
防音ブースは
工夫がされていて
軽いそうですが
私には残念ながら
できません。

新しい防音室のベースメント作っています。

今日は
新しく作り始めている
アパートのベースメントを作っています。

ベースメントは
防音室を置くための基礎です。

しっかりした基礎の上に置くのが
すべての基本ですので
しっかりしたものを
作っています。

コンクリートで
しっかり作っています。

疲れましたが
なかなか出来上がりません。

窓のクレセントの交換クレセントの柄が当たらない

窓のクレセントの交換クレセントの柄が当たらない


昨日
窓を移設しましたと
報告しましたが
それには
大変な欠陥があることが分かったのです。

柱が中央にあるために
同じく中央にある
クレセント閉まりません。

クレセントの
柄が
柱に当たって
回らないのです。

クレセントが閉まらないということは
鍵がかからないということですから
大問題です。

そこで
クレセントを
交換する事にしました。

柱に当たらないような
柄の短い
新しいクレセントに交換しました。

上手く取り付けられて
閉まるようになりました。

窓のクレセントの交換閉めた状態

窓のクレセントの交換閉めた状態

良かったよかったです。

窓を新たに設置しました

窓のクレセントの交換窓の状態

窓のクレセントの交換窓の状態


新たに出来上がった防音室は
ベランダに
別棟で作ったものです。

別棟ですので
防音性能は
ドラムでも大丈夫なほどのものになっています。
(少し小さいので
ドラムはむりです。)

防音室を作ったために
ベランダがなくなって
窓もなくなってしまいました。

そこで
新しく窓を作ることにしました。

非耐力壁(地震で水平の力を負担しない壁)に
開口部を開けました。

途中に
柱がありましたので
撤去すると
補強しなければなりませんので
窓にかぶらしておきました。
(「かぶる」とは
建築上の言葉で
重複すると言うことです)

窓は
外に出ていて
うまくいきました。

東向きなので
朝方は明るいお部屋になりました。