楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

ブログ

広めの防音室のスーパーストラクチャー製作中

新しい防音室のスーパーストラクチャー下地

広めの防音室を作っております。

いつものように
床を作りましたので
壁天井です。

何度か書いておりますので
小社では
壁天井を
スーパーストラクチャーと呼んでおります。

スーパーストラクチャーは
壁の向こうに
防音材を張れるように
ユニットとして
製作しています。

小さい防音室なら
スーパーストラクチャーは
10個程度ですが
今回は
大きいので
30個を超える量です。

防音室に
張る
石膏ボードも
相当量で
車から
お部屋まで運ぶのに
バテてしまいました。

大きな防音室は
大きいだけで
防音効果は大きいので
良いのですが
大きいので
しんどいところもあります。

古民家風の防音室作っています。

古民家風の防音室を作るために碍子引き電気工事一式を撤去

古民家を
改造して
防音室を作っています。

何分骨組みがしっかりしておりますので
防音室にするには
もってこいです。

せっかくの
立派な古民家ですから
古民家風に
する事にしております。

でも
古民家のままでは
住みにくいので
新しく設備や
壁周りを補修しなければなりません。

電気も
新しくしなければなりません。

今度の防音室のお部屋は大きいからどうしましょう

ただ今作り始めています
防音室は
大きいのです。

狭い方の長さが
3.2mもあります。

そのために
天井の部材
ユニットを
下で作って
上に載せることが
困難です。

たぶん
70Kgぐらいになるので
上に上げるのは
とても無理です。

方法としては
半分の幅にする方法と
薄い材を使う方法
ふたつですが
どちらも
もうひとつで
どのようにするか
迷っています。

防音室をより快適に

別棟防音室に庇を取付

防音室を
より効果的に作るには
別棟で作ることです。

別棟で作ると
振動が
伝わりにくいので
その効果が現れます。

そこで
小社では
別棟で
作ることが多いのですが
別棟ですから
防音室に
入るときに
雨に打たれるようなところもあります。

防音室は
普通
上履きですから
靴も脱がないといけないので
靴は外に置いておくことになります。

やはり
外とはいえ
雨のかからない空間が
必要です。

雨のかからないような
庇を作ることにしました。

アルミの柱を立てて
アルミの枠を作って
上に
ポリカーボネートの波板を
載せました。

普通の雨なら
大丈夫です。

だからといって
台風で
飛ばされることはありません。

うまくできました。

ファンデーションにスーパーストラクチャーの墨付け

ファンデーションにスーパーストラクチャーの墨付け

今回作った
ファンデーションを
写真に撮りました。

こんな感じです。

一番下が
かさ上げ用のスタイロフォーム
その上が発泡ゴム
合板2枚
石膏ボード2枚
合板2枚の順です。

この上に
防音室の
壁と天井を載せます。

音の振動が
外に伝わらないようにしています。

大きさを計って
壁と天井を
作り始めています。

大きな防音室の製作

今作っている
防音室の
ファンデーションが出来上がりました。

壁天井を作るために
その大きさを
計りました。

建築で言う
墨付けです。

小社では
防音室の
千鳥間柱の
大壁造りの
壁天井を
スーパーストラクチャーと呼んでおります。

あすから
スーパーストラクチャーの下地を
作る予定です。

ファンデーションの工事しています。

ファンデーションの工事 と壁の隙間をパテ詰め

新しい防音工事をしております。

今度は広い防音室です。

出来上がりは
8畳大になると思います。

ベースメントができて
ファンデーションの工事をつくっていますので
まだまだですが
そのうちに出来上がるのではないかと思います。

今日は
ファンデーションの
最上段の
合板の張りをしていました。

いつもは
5枚張りですが
大きいので
6枚張りにしました。

それと
壁の隙間を
パテ刷りしました。

隙間は
できるだけ少なくする方が良いです。

防音チャンバーの増設

  • 防音室に防音チャンバーを増設 増設前
    防音室に防音チャンバーを増設 増設前

防音チャンバーを取り付けました。

スライドです。

以前のyoutubeのビデオでは
D-80程度と測定しましたが
改善できて
D-85程度ではないかと
思います。

いずれも
小社調べです。

なお低音側と
高音側は
音源と測定器の問題で
実際より
低めの結果となっています。

本当はもっと良かったりして

防音チャンバーは壁の数だける方が良い

1年前に製作した
防音室が
空きました。

そこで気になっていた
防音室の
換気チャンバーを
補強することにしました。

当該防音室は
換気チャンバーが
外側にしか付いていません。

2重の防音壁なのですが
外側にしか付いていません。

そこで
内側にも
取り付けることにしました。

内側に
吸音ボードを
取り付けていましたが
先ず取り除き
チャンバーの骨組みを作って
遮音用の
石膏ボードを2枚張りました。

グラスウールを詰め込んで
出来上がりです。

また吸音ボードを元通り張って
完成です。

完成したので
防音テストをすると
改善されていました。

良かったです。