楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

防音室はどのように作られていますか

FAQ

防音室はどのように作られていますか

ユニット形式にしています。

数多くの
防音室を
小社では作ってまいりました。

大方は
狭い敷地や
お部屋の中に作ることが
多いのです。

お部屋の中に
もうひとつの
お部屋を作っています。

できるだけ有効に使うために
壁際に付けて
作ります。

在来との壁との間には
吸音材を入れております。

実質ピタっと
引っ付けております。

そのように作るためには
外から
造作していては
作ることができません。

そこで
防音室の
壁は
ユニットで
作っています。

もちろん
天井もそのようにしています。

どのようにして作るかというと

防音室はユニット式に作るのが最適1

防音室はユニット式に作るのが最適1


用材を寸法に切断します。
小社ではスライドノコで切断しています。
写真の用材は60×27の桟です。
剛性がある方が防音性は高いです。
90×27程度の方が良いのですが
壁が厚みを増してお部屋が狭くなるので
60×27を使っています。
普通の階高ではこの程度でも良いのではないかと思います。
防音室はユニット式に作るのが最適2

防音室はユニット式に作るのが最適2


仮止めには
フィニッシュネイルを使っています。
いきなり
ネジで留めても
木目に沿うため
予定通り
接合することができません。
フィニッシュネイルで
仮止め後すると
その憂いもなく
簡単です。
防音室はユニット式に作るのが最適3

防音室はユニット式に作るのが最適3


片方留めます。
防音室はユニット式に作るのが最適4

防音室はユニット式に作るのが最適4


四周留めれば出来上がりです。
ネジ止めして
枠は完成です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)