楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

防音室の石膏ボードは横貼り・縦貼り?

FAQ

防音室の石膏ボードは横貼り・縦貼り?

お部屋の中に新しい防音室を作るスーパーストラクチャー壁編| 内側の一枚目窓側

横貼りを基本としています。

小社では
楽器も使える
防音室を
数多く作っています。

作っていると
失敗を糧にして
より強化できる方法を採用しています。

小社では
石膏ボードは横貼りしています。

横貼りする理由は

  1. 石膏ボードの長手方向の強度が高いので剛性が高くなるから
  2. 石膏ボードの長手方向の端面には紙が巻いてあって接着材が有効だから

の2点です。

横貼りの方が剛性が高くなる理由

石膏ボードは
長方形の形をしています。

長手方向に強く作られています。

石膏ボードのカタログよれば
12.5mmの普通石膏ボードの長辺方向の曲げ強度は500N以上
短辺方向は180N以上となっています。

防音室の下地はユニットとして作る関係上
縦下地になっています。

縦下地に長辺方向を下地の間に張れば
横に張ることになります。

壁の隙間を少しでもなくし剛性を高めるために

石膏ボードは長手方向の
端面には
表の紙が続いていて
ほとんど直線になっています。

石膏ボードを張る時に
接着材を併用して張ることが多いのですが
紙が巻かれているところの接着材は
よく効きますが
紙が巻かれていない短辺は
接着材で接着することは
ほとんどできません。

横貼りは
縦に積んでいきますので
自重で
密着して接着剤がよく効くのです。

縦貼りにすると
密着させるための
別の力が必要になり
やればわかりますが
結構これが難しいのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)