楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

防音壁を貫くエアコン用の穴はどんな風に開けますか

FAQ

防音壁を貫くエアコン用の穴はどんな風に開けますか

防音換気チャンバー 防音壁に穴を開けるためにパイロットホールの穴開け

防音換気チャンバー 防音壁に穴を開けるためにパイロットホールの穴開け


防音室にエアコンを取り付ける時に

エアコンの冷媒や配線・ドレインを通す穴が必要になります。

冷媒や配線は勾配が必要ありませんが
ドレイン
(冷房中に冷却フィンに結露する水を流す配管)は
特殊な装置を使わない限り
重力で流れていきます。
低いところへ流れていく水の性質を利用して
排出しています。

そのため
外に向かって
下がり勾配である必要があります。

上の写真は
貫通孔を開けるために
パイロットホールを開けているところです。

内部からの写真ですので
外部に向かって
下がり勾配になっています。

小社が製作する
防音室は
一番下は
ファンデーションと呼ばれる部分で
何層かの積層になっています。

その一番下が
柔らかいゴムです。

ゴムは
圧縮されて
その効果が出るので
半分ぐらいまで
縮んでしまいます。

つまり
内部の防音室は
時間が経つと
外部より
な部が
沈下します

沈下しても
下がり勾配を維持しなければなりません
そのために
小社では
貫通孔を
少しだけ
『へ』の字型にしています。

防音壁の貫通孔 模式図

防音壁の貫通孔 模式図

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)