楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

有孔ボードを防音室に張る理由は何ですか。

FAQ

有孔ボードを防音室に張る理由は何ですか。

有孔板張り付け

有孔ボードは穴の開いた板です。

穴あき吸音板とも呼ばれています。

張る理由は

  • 吸音力を高めるためです
  • 軟らかい素材の吸音材であるグラスウールの表面を保護するためです。


防音の基本は
遮音と吸音ですが
穴あき吸音板は
その名が示すように
吸音の効果があります。

穴の開いた板が
吸音力がある理由は
穴の効果と
板の効果です。

板の効果とは
音が
板に当たって
その板をゆらすことによる減衰です。

穴の効果とは
ヘルムホルツ共鳴器と呼ばれる
ものです。

細い穴と
大きな体積を持つ背後にある空気層が
口の小さい大きなビンのような
共鳴器になります。

音が
穴に入るとその共鳴する帯域で
減衰すると言う仕組みらしいのです。

この板の効果と
穴の効果は
長波長で顕著になりますので
穴あき吸音板の
吸音効果は
長波長:つまり低音側で
効果があります。

グラスウールなどの
一般的な吸音材が
高音側で効果があるので
低音側での
効果は貴重です。

有孔ボードは
音楽的に
低音域の吸音が必要な時に
用いるのが最適です。

有孔ボードの裏側には
吸音帯域にあった
隙間:空間が必要です。

裏の空間が大きいほど低音域の吸音になります。

板の裏には
音を通しやすいような
寒冷紗とか紙・薄手のフィルムなどを張ることが多い。

当たり前ですが
決して穴は塞いではいけません。

またグラスウール吸音板は
優れた吸音材ですが
お部屋の壁面を
グラスウール吸音板を使うと
表面が柔らかので
表面を保護するために
有孔ボードを
表面に使います。

もっと知りたいときには
穴あき吸音板が吸音する理論と吸音周波数についてをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメント

  • 長友真由美 より:

    隣のエアコン室外機の音を遮音するため屋外に設置する有孔ボードは効果的ですか?

    • asuukaru より:

      深刻なお悩みお察し申し上げます。
      結論から言うと殆ど効果ないと思います。有孔ボードよりも普通の合板それよりもブロック塀の方が効果が少しは期待できると思います。
      境界付近で問題の隣のエアコンの極近くに設置出来るのでしたら道路端に良く設置してある防音壁と防音壁の上に設置してある干渉型防音壁を設置されることをお薦めします。しかしながら設置した防音壁と相手のお家の壁の間が狭い場合は効果が相当少ないと思います。特にエアコンのような低音の場合は効果薄です。
      エアコンの室外機がびびり振動しているようでしたらそれを防ぐ方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)