楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

既存壁に隙間があるときはどのようにすれば防音性が上がりますか

FAQ

既存壁に隙間があるときはどのようにすれば防音性が上がりますか

ファンデーションの工事 と壁の隙間をパテ詰め

いろんな理由で
壁や天井に
隙間を生じてしまうことがあります。

そんな場合には
隙間を塞ぐ必要があります。

隙間を塞ぐための
方法は

  • パテで塞ぐ
  • シールで塞ぐ
  • もう1枚張る

です。

その選択の基準は
隙間の幅です。

隙間が
ヘアクラック程度なら
シールが最適です。

小社では
石膏ボードを
張ったときに
繋ぎ合わせ面では
必ずシールを
使います。

もう少し
隙間があるときは
パテだと思います。

どうしようもなく
幅が広いときには
もう1枚はるしかありません。

もちろん
狭くても
もう1枚張っても
問題がありません。

パテですが
専用の
パテ材は
伸びと作業性から
おすすめですが
あまりにも
広い範囲で
多量を要するときには
セメントを使っています。

左官用接着材を
先に塗ってから
セメントを
水で粘土よりもっと柔らかく混ぜたものを
地ベラで
塗っていきます。

作業性が良くないので
何度も
地ベラで撫でると
剥がれてきますので
しないで下さい。

写真は
セメントで
隙間を
塞いだ例です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)