楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

二重の防音扉の間はどのようにあるべきか

FAQ

二重の防音扉の間はどのようにあるべきか

結論から言えば吸音材を詰め込みます。

防音室を
2重壁にした場合は
防音扉も
2重または3重であるべきです。

それでは
その防音扉の間は
どのように仕上げればいいのでしょうか。

防音の基本は遮音と吸音です。

つまり
防音扉の間は
できる限り
吸音すべきです。

そこで
吸音材を
張り込みました。

2重の防音室の
壁の間には
吸音材が詰めてありますので
その延長で
詰め込めばいいのです。

音は
回析現象で
回り込む性質があるので
音を
吸音材に誘導して
低減するのが
最良かと思います。

詰め込んだ吸音材の表面は
何かで覆わなければなりません。

小社では
不織布または穴あき吸音板で覆っています。

足が当たる所は
穴あき吸音板を
その他の所では
不織布を使っています。

二重の防音扉のあいだは吸音材を入れるその1

二重の防音扉のあいだは吸音材を入れるその1


吸音材を入れる前は
防音壁の間の吸音材が見えています。
二重の防音扉のあいだは吸音材を入れるその2

二重の防音扉のあいだは吸音材を入れるその2


吸音材を思いっ切り入れます。
二重の防音扉のあいだは吸音材を入れる完成写真

二重の防音扉のあいだは吸音材を入れる完成写真


不織布を張った所

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)