楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

スピンドルピン周りを修理するのはどうすればいいですか

FAQ

スピンドルピン周りを修理するのはどうすればいいですか

スピンドルピン周りを修理 グラスウールのパッチ張りボタン取り付け

スピンドルピン周りが
傷んでしまいました。

たぶん
椅子の背もたれが当たって
スピンドルピンが
曲がって
グラスウール吸音板の中に
ボタンが
めり込んで仕舞いました。

全面取り替えるには
すこしもったいないので
修理することにしました。

めり込んだスピンドルピンの
ボタンを取り除き
表面材の
グラスウールを
パッチ張りしようと思います。

しかし
ボタンを取り除くのは
普通は外すことはできません。

ボタンは
スピンドルピンに一度差し込むと
どんなことがあっても
抜くことはできません。

建築用語でいう
「地獄」になっていて
差し込むときは
順目ですが
差し込むと
逆目になって
抜けないような構造になっているのです。

取り除くためには
ボタンを潰すか
スピンドルピンの軸を
切断するかにです。

本例では
スピンドルピンは再利用しますので
ボタンを潰す方法で
行いました。

プライヤーで
挟んで
引っ張ると
取り除けます。

グラスウールを
パッチ張りして
新たにボタンを取り付けると
修理完了です。

スピンドルピンの施工方法については

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)