楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

未分類

防音室でサクソフォンを演奏してもらいました。

サクソフォンは
意外に新しい楽器だそうで
日本では江戸時代末期
西暦1840年ごろ
ベルギーの
サックスさんがクラリネットを研究中に
発明したそうです。

サックスさんが
最初に作ったので
サクソフォンと名前がつけられたようです。

有名な交響曲を作った
バッハとかモーツアルト・ベートーベン・シューベルトの
時代には
サクソフォン自体なかったので
オーケストラに
サクソフォンの定位置はない
そんな楽器です。

しかし
サックスさんが
良く研究して作った
楽器ですから
大きな音が出るように
工夫されています。

サクソフォンができたころ
アメリカは
発展段階で
南北戦争を経て
奴隷解放に進みます。

そんな時代に
使った楽器が
サクソフォンです。

そして一番有名な曲のひとつが
「聖者の行進」です。

誰が作ったかわからないし
出来上がってから
もちろん100年以上も
経っていますので
著作権がありません。

行進曲ですから
大きな音です。

この音で
私どもの防音室を
確かめてもらいました。

防音室で演奏して
隣室で聞いてみます。

若い耳の言い方なら
何となく音が出ているのはわかるそうです。

曲としては
把握できないそうです。

私には
まったくわかりません。

これなら
真夜中でも
練習は可能です。

防音室の付いたお部屋H2 の防音テスト

防音室の付いたお部屋H2 の防音テスト

古民家風のお部屋だったのですが
隣が
音楽をされる方で
お部屋の界壁
(界壁とはお部屋とお部屋を仕切る壁のことです。)
だけでは
防音できませんでした。

界壁だけでも
相当あるのですが
そこで
6畳のお部屋の中に
新しい防音室を作ることにしました。

床を取りのぞいて
ベースメントをコンクリートで作って
ファンデーションを作って
スーパーストラクチャーで壁と天井を作りました。

その結果
隣の音楽の音が聞こえなくなりました。

隣の音が聞こえないということは
こちらの音も聞こえないと言うことなので
防音室で貸すことにしました。

性能は
下図のようです。

小社調べでは
D-60程度以上でした。

もっと
高出力の
スピーカーがあれば
もっと大きな値が
出ると思うのですが
75Wのスピーカーでは
この結果です。

防音チャンバーとその間の空間はどのようなものがよいだろうか

防音室には
必ず換気が必要です。

防音壁は穴がないのが
最良です。

この二律背反に
防音換気チャンバーの出番です。

防音壁に穴を開け
防音壁に匹敵するだけの
防音性能を得るために
防音チャンバーを取り付けます。

チャンバーとは
chamber:部屋を指す言葉で
防音チャンバーとは
直訳すれば防音室です。

空調設備などで
チャンバーといって
空気の流れを
変えたり
分岐したりする部分を
チャンバーということから
同じように
換気と防音を兼ねた
設備を
防音チャンバーと呼ぶようになりました。

防音チャンバーは
吸気用と排気用のものが必要です。

防音チャンバーを取り付ける

防音チャンバーを取り付ける

上下に2箇所取り付けるのが普通です。
離れて取り付けるのですが
取付場所が
小さな防音ブースですので
同じ場所に取り付けてみました。

もちろん
防音ブースは
一杯吸音材を張ります。

防音チャンバーは吸音材をできるだけ入れる

防音チャンバーは吸音材をできるだけ入れる


この様に防音チャンバーを
作ると
凸凹になりますので
覆うときに
一緒に覆ってしまいます。

一緒に覆うことになります。
覆ったときに
何もない空間を覆ってしまいます。

何もない空間が閉鎖されれば
音が
中で反響して
大きくなります。

太鼓が大きな音を
出すように
閉鎖空間は防音上
支障があります。

そこで
穴を穿ち
それをなくしました。