楽器可賃貸・楽器も使える防音アパート:園田大阪杉原土地

楽器可能賃貸です。音楽を楽しみたいあなたに防音室が付いているアパートマンションです。大阪まで徒歩と電車で23分自然がある藻川のほとりです。

電話06-6491-6339〒661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15 掲載の楽器可賃貸は杉原土地有限会社の自社物件
年中無休8:00-18:00現在の防音室の空室スマートフォンに演奏した楽曲を入れてご見学下さい

防音には遮音と吸音で吸音材を入れてみました

防音には遮音と吸音で吸音材を入れてみました

天井裏に吸音材を入れる3

  • 天井裏に吸音材を入れる1
    天井裏に吸音材を入れる1

防音には
遮音と吸音が必要です。

遮音とは音を通さないような構造です。

吸音とは通ってきた音をなくしてしまうという方法です。

30dB程度の減衰を期待するなら
吸音することと遮音することは同じくらい効果があります。

でも
もっともっと
減衰を期待するなら
遮音をもっと
力を入れなければなりません。

吸音力を上げても
あまり役に立ちません。

だからといって
しないというわけにはいきません。

天井裏ですが
断熱もかねて
吸音材を入れました

ベースドラムに
お布団や毛布を入れるのと同じです。

お布団や毛布を入れずに
ベースドラムを叩くと
和太鼓を叩いたような
ボーンと
余韻のある音になってしまうそうです。

ベースドラムの倍音を
お布団や毛布で
押さえる
「吸音」してしまうのです。

吸音材を入れれば
少なくとも
天井裏が
共鳴箱にはなりません。

そこで
共鳴箱禁止装置装置として
グラスウールを
ガバッと入れました。

天井板を張ったら
中にどのくらい入っているかどうかは
わかりませんけど
入れております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)